ガチャガチャマシンの種類について

ガチャガチャの導入を検討されている個人や企業の方もいるのではないでしょうか。現在では従来と同様に数多くの店舗で導入されています。例えばスーパーマーケットでは通路などに設置しているところもあります。また大型のショッピングモールなどにはゲームセンターなどが店舗として入っているところもあるので、ゲームセンターの中やその周辺に設置されているケースが多くなっています。このように様々な場所に設置されているので、親しみを感じる方は少なくないでしょう。

導入をする際には基本的に業者にガチャガチャマシンを依頼して購入し、設置をすることになります。現在では数多くの種類のガチャガチャが販売されており、例えば最新型のガチャガチャマシンに関しては対応できる硬貨の幅は広く、10円から550円まで入れられるものもあります。そのため、ガチャガチャの中に入れる幅広い商品に対応することができます。基本的に街中で利用できるガチャガチャは100円から200円のものが多くなっています。さらに売り切れの際に投入を防止する機能も搭載されています。利用者が多い場合、ガチャガチャの中身が売り切れてしまうケースは少なくありません。万が一売り切れているガチャガチャにお客様が硬貨を投入してしまうとスタッフが対応してお金を返却しなければなりませんが、投入防止機能が搭載されていることによってスタッフの手間が削減できます。

このように数多くの種類がありますが、今回は導入のメリットなどについて紹介します。